富士山レーダードーム館で気象学の大切さと歴史を学ぶ

富士山レーダードーム館

毎年 1 月 2 日に行っている年初ツーリングは、河口湖近辺の観光スポット巡り。
今年は何年かぶりに「富士山レーダードーム館」へ行きました。

2017年の年初ツーリング

今年は気温も高く、穏やかな日となりました。

富士山

富士山の雪化粧で、その年の寒暖がわかります。
寒い冬の場合は中腹より下あたりまで雪が積もっているのです。

富士山の山頂付近

山頂付近は、さすがに厳しい自然を感じさせます。

富士山レーダードーム館の入り口

ちなみに今回は併設している道の駅にある「ふじやまビール(レストラン)」で食事をしたのですが、かなり昔にツーリングで行った時と比べると店のスペースが半分になっていました。

半分は登山用品ショップに鞍替え。
名前からするとお酒を飲む場所かと思ってしまいますが、食事もなかなか良いですよ。

富士山レーダードーム館

ここはシアターで『プロジェクト X・世界最大のレーダー建設~富士山頂 9000 人のドラマ~』を上映しています。

我々はセリフを覚えるほど観ているのですがw 良い作品なので、ぜひ観ることをおすすめします。
施設内に初めて入ったのなら、富士山頂の気温と風が体験できるコーナーもあるので、それも一度は体感すると驚愕します。気温 -8 ℃、風速 13 m です(テレビ番組でも紹介されたそうですね)。

河口湖

レーダードームの後は、河口湖美術館へ行き、カフェで一休み。
河口湖を見ながらお茶ができますが、芝生広場では犬を連れた方、子ども連れの方々が楽しそうにはしゃいでいました。

冬の山梨は 16 時頃には日が沈んでしまい、それから急激に冷え込んできます。
凍結さえしなければ、夏よりも人が少ないので、ゆっくり観光できるかと思います。

さて、2017 年。
なんと D/DEVIL が結成して 20 周年となるようです(笑)。
色々と結成時からは変わってしまったことも多いです。今年はその 20 年前を紐解くように、以前行った場所に行ってみるのもいいね、という話をして、年初のツーリングは無事に終了しました。

 

所沢航空発祥記念館で日本の航空史を学ぶ

スーパーオートバックス三鷹

今回のツーリング先は、埼玉県の所沢航空記念公園内にある所沢航空発祥記念館でした。

所沢航空発祥記念館

ツーリングというほどの距離ではなかったのですが、信号の多い下道だったので時間はかかります。

11  時過ぎくらいに所沢航空記念公園に着いたのですが、東駐車場は満車で入庫待ちの車が長い列を作っていました。北駐車場の方に周り、20 分ほど待って車を停めることができました。
駐車場は何箇所かあるのですが、休日だと駐車場に停めるまでに少し待たなければいけないかもしれません。こんなに混雑しているとは思いませんでした…。

カキフライ

車を停めたあとは、とりあえずレストランで食事。地産地消を目指しているようで、地元で取れた野菜や卵などの使用率が高くなっています。地ビールも置いてあって、車でなければ楽しめるでしょうね。

航空発祥記念館

航空発祥記念館は、展示館と大型映像館で別料金となっています。映像作品は絶対に見ない!という場合以外は、はじめに共通割引券を買うのが安いので、そのほうがいいです。

我々はよく JAF の会員証を出しているのですが、割引を適用すると、ほとんど展示館の入館料のみで共通割引券が買えるのですごくお得感がありました。

航空発祥記念館

館内には、飛行機やヘリコプターの実機が展示されています。

様々なタイプの実機が展示されていますが、地面に置いてある機にはたいてい階段が付けられていて、コクピットに搭乗するすることもできます。自衛隊機もいくつかありますが、これらは払い下げされた機体なのかもしれません。

航空発祥記念館

航空史から、航空機の原理・航空技術などの解説が詳しくされています。ビデオもいくつかあり、このあたりの展示をすべて観るとおそらく一日いられるのではないかというくらいのボリュームでした。

航空発祥記念館

航空発祥記念館

フライトシミュレーターが何機かあったり、貴重な重要航空遺産も展示されていたりして、かなりしっかりした記念館だなぁ、という印象でした。

航空発祥記念館

大型映像館では、「2050 年宇宙エレベーターの旅」という NHK 製作の作品が上映されていました。

これはエレベーターのように地球と宇宙を結ぶ「宇宙エレベーター」についての原理や具体的な建設計画についてを描く作品で、非常に興味深い内容でした。作品の中では、日帰りの宇宙旅行は一人 80 万円と解説されていましたが、それくらい安く地球と宇宙の移動ができるようになる、という話のようです。

航空公園

空へのあこがれは、宇宙へと向かい、そこが宇宙への興味の始まりになる、というくだりでまとめられている部分は夢のある話だなと感じました。

航空公園

航空公園内は人がたくさんいて、芝生広場では多くの人がくつろぐ姿を見かけました。

やはり子どもが多かったのですが、空へのあこがれを忘れない大人たちにとっても、とても良い刺激になる場所なのではないかと思いました。

 

箱根ガラスの森美術館ツーリング

箱根ガラスの森美術館

久しぶりのツーリングは箱根へ。

ツーリング出発前

今回は駒沢公園からスタートしましたが、三連休の中日ということもあって道中は渋滞。また、当日は台風の影響もあるのか、激しい雨と風に見舞われ、ハードなツーリングを予感させました。

ちなみに、若干お約束ですが……一番左のスカイライン GT-R は参加者ではありませんw

 

すすき

箱根ガラスの森美術館

雨と風が激しかったですが、レストランは並んでいて入ることができませんでした。
時間的に昼時ということもありましたし、天気の都合上テラス席が使えなかったということもありますが、少々残念ではありました。

ただ、ガラスのキラキラ感はいつでも楽しめるのではないかと思います。

箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森美術館

傘は駐車場で貸してくれるので、そのあたりは安心ですが、山なので、気温は平地よりも低いです。

ヴェネチアン・グラス美術館

ヴェネチアン・グラス美術館

ヴェネチアン・グラス美術館では、ガラスでできた美しい工芸品を鑑賞できます。

箱根ガラスの森美術館

秋の箱根では千石原のすすきが有名です。ガラスの森美術館でも所々にアクセントとして飾ってあります。

ツーリングはというと、その後は山中湖の方まで足を伸ばしたあと、帰りは道志みちを通って東京へ帰りました。道路は混んでいましたが、高速の直線ではなく、「走った」感があるのツーリングとなりました。

山道はやはり楽しいのですよ。

身延山久遠寺・白糸の滝ツーリング

身延山久遠寺ツーリング

身延山久遠寺ツーリング

今回は久しぶりに山梨県内を散策します。
目的地は身延山・久遠寺。そして、富士山とともに世界遺産に登録された白糸の滝です。
なんと、久しぶりに新規参加がw

ゆばの里

まずは みのぶ ゆばの里 にてランチ。

身延山久遠寺のロープウェイ
久遠寺に到着。ロープウェイで山頂を目指します。

このロープウェイは今年度でなんと 50 周年を迎えたそうです。そんなに昔からあったのか、という感じですが、そもそも久遠寺は日蓮宗の総本山。このロープウェイが完成したことで参拝が楽になったのでしょうね。

ちなみに、帰りのロープウェイでは、野生のシカを目撃しました。

久遠寺のロープウェイ

今回はあいにくの天気だったので、霧がかかって山頂から下は何も見えませんでした。

身延山久遠寺

 

身延山久遠寺

身延山久遠寺

この霧の中ではさすがに人は少なかったですが、逆に神秘的な雰囲気でした。

身延山久遠寺

身延山久遠寺

以前はなかった駐車場へのエレベータ。
他にも、ロープウェイまでの道が、昔はいったん急坂を下らなければならなかったのですが、ちゃんと道が整備されていました。

とにかく坂が厳しかったのですが、色々と整備したみたいですね。

音止めの滝

久遠寺からワインディングロードを爆走して、白糸の滝へ向かいます。
これは音止めの滝です。

白糸の滝

白糸の滝は展望台を整備中だそうで、遠くからしか滝を見ることができなかったです。完成は 2014 年だそうです。

白糸の滝
まさに白い糸が垂れるような優美な滝……ちょっと遠い……。

白糸の滝
ここは以前は滝からのしぶきが飛んでくるほど近づくことができました。足元を滑らせると滝に落ちるんじゃないか、っていうくらいスリリングwな感じだったのですが…新しくできるであろう展望台からはそれほど近くから見ることができなくなりそうな感じです。

世界遺産に登録されたのが良かったのか、悪かったのか…。

身延山久遠寺・白糸の滝ツーリング
そしていつものソフトを食らって終了です。

今回は雨と霧という天気でしたが、久しぶりに山梨県内の道を走れて楽しかったです。

身延まではあのダルい 52 号で面白くないのですが、白糸の滝までの道はナビ通りに走ったら思いがけず峠道でした。場所によっては一台分の横幅しかなくて、大好物のラリーコースのような峠に大満足でした。

身延山久遠寺と白糸の滝は、どちらも以前ツーリングで行ったことがある場所でしたが、久しぶりに行ってみるとけっこう変わっていて驚きました。昔、チームのみんなで行った場所も、いま行ってみると変わっているところも多いのかもしれませんね。

なんにせよ、みんなで一緒に走るのは楽しですね。

日光いろは坂ツーリング

いろはツーリング

久しぶりのツーリングは、少し足を伸ばして日光・中禅寺湖でした。

直前に台風が発生して天気が心配されましたが、道中で豪雨に巻き込まれたものの、現地に着くと徐々に天候は回復してくれました。

某 D に「雨さえ降れば、オレの Q’s はターボ車だってちぎれるんだ!」というセリフがありましたが、いろは坂ではヘビーウェットを嫌ってすべての車が左車線を走っているなか、私たちだけが右車線を爆走して中禅寺湖を目指します。

いろはツーリング

ちなみに 911 は知らない人です (爆)。

いろはツーリング
到着後、まずはソヴァやユヴァを喰らいます。適当に選んだ店でしたが、意外に良かったですよ。

いろはツーリング
その後は、華厳の滝へ向かいます。
雨上がりで少し霧がかかり、幻想的な雰囲気でした。

いろはツーリング
いろは坂といえば SARU がたくさんいるのですが、地元の方々からすると迷惑でしかないのでしょうね…。

いろはツーリング
ツーリングへ行ったらソフトを喰らわなければならない、とう話がありますが、今回のソフトはなんと自分で作りました!w

いろはツーリング

もちろん ゆばソフト をチョイス。

中禅寺湖と男体山
ソフトを喰らったあとには、天気もすっかり回復。中禅寺湖の展望台へ向かいます。
展望台までの道のりもなかなか楽しかったですよ。

展望台は 17 時で閉鎖されるのですが、日が長かったため 17 時を過ぎても 15 時くらいの感覚だったため、見回りのおっちゃんにうながされて山を駆け下りることになりました。

いろは坂

いろは坂の下りはジムカーナコースばりの曲がりです。低中高速コーナーがこれでもかというほど続きますが、ジャンプはできそうになかったです。

その後はせっかく栃木まで行ったので餃子を食らって帰りました。

東京までの帰路も、渋滞なく非常にスムーズ。
距離は意外と走っていましたが、家の近くで給油したら自分のセリカもリッター 11 以上走っていました。

遠出のツーリングは楽しいですね。