所沢航空発祥記念館で日本の航空史を学ぶ

今回のツーリング先は、埼玉県の所沢航空記念公園内にある所沢航空発祥記念館でした。

所沢航空発祥記念館

ツーリングというほどの距離ではなかったのですが、信号の多い下道だったので時間はかかります。

11  時過ぎくらいに所沢航空記念公園に着いたのですが、東駐車場は満車で入庫待ちの車が長い列を作っていました。北駐車場の方に周り、20 分ほど待って車を停めることができました。
駐車場は何箇所かあるのですが、休日だと駐車場に停めるまでに少し待たなければいけないかもしれません。こんなに混雑しているとは思いませんでした…。

カキフライ

車を停めたあとは、とりあえずレストランで食事。地産地消を目指しているようで、地元で取れた野菜や卵などの使用率が高くなっています。地ビールも置いてあって、車でなければ楽しめるでしょうね。

航空発祥記念館

航空発祥記念館は、展示館と大型映像館で別料金となっています。映像作品は絶対に見ない!という場合以外は、はじめに共通割引券を買うのが安いので、そのほうがいいです。

我々はよく JAF の会員証を出しているのですが、割引を適用すると、ほとんど展示館の入館料のみで共通割引券が買えるのですごくお得感がありました。

航空発祥記念館

館内には、飛行機やヘリコプターの実機が展示されています。

様々なタイプの実機が展示されていますが、地面に置いてある機にはたいてい階段が付けられていて、コクピットに搭乗するすることもできます。自衛隊機もいくつかありますが、これらは払い下げされた機体なのかもしれません。

航空発祥記念館

航空史から、航空機の原理・航空技術などの解説が詳しくされています。ビデオもいくつかあり、このあたりの展示をすべて観るとおそらく一日いられるのではないかというくらいのボリュームでした。

航空発祥記念館

航空発祥記念館

フライトシミュレーターが何機かあったり、貴重な重要航空遺産も展示されていたりして、かなりしっかりした記念館だなぁ、という印象でした。

航空発祥記念館

大型映像館では、「2050 年宇宙エレベーターの旅」という NHK 製作の作品が上映されていました。

これはエレベーターのように地球と宇宙を結ぶ「宇宙エレベーター」についての原理や具体的な建設計画についてを描く作品で、非常に興味深い内容でした。作品の中では、日帰りの宇宙旅行は一人 80 万円と解説されていましたが、それくらい安く地球と宇宙の移動ができるようになる、という話のようです。

航空公園

空へのあこがれは、宇宙へと向かい、そこが宇宙への興味の始まりになる、というくだりでまとめられている部分は夢のある話だなと感じました。

航空公園

航空公園内は人がたくさんいて、芝生広場では多くの人がくつろぐ姿を見かけました。

やはり子どもが多かったのですが、空へのあこがれを忘れない大人たちにとっても、とても良い刺激になる場所なのではないかと思いました。

 

Pocket