オートモビルカウンシル2017へ行ってきた

alfa-romeo-giulia-tz

オートモビルカウンシル(AUTOMOBILE COUNCIL) は、日本の自動車文化、ヘリテージ(heritage:未来に残すための遺産)の魅力を世界に向けて発信するというコンセプトのもとに昨年から開催されているイベントです。

メーカーブース

今回はメーカーの協賛も一気に増えました。

  • スバル
    事故ゼロを目指して 60 周年
  • トヨタ
    プリウス誕生 20 年
  • ニッサン
    時代の最先端デザイン
  • ホンダ
    NSX スーパースポーツの系譜
  • マツダ
    飽くなき挑戦 ロータリーエンジン誕生 50 周年
  • アウディ
    時代をリードし続けるクワトロの系譜
  • ボルボ
    ボルボ 90 周年の歴史とワゴン・エステートの展示

nissan-vmotion2
ニッサン Vmotion2.0
2017 年のデトロイト・モーターショーで発表されたコンセプトカー。
今後のニッサンのセダン・デザインの方向性を示唆しているとか。
フロントデザインは「V モーショングリル」と呼称されるそうです。

honda-nsx
ホンダ NSX
懐かしい感じもある、本家の NSX。

honda-nsx-2017
現行モデルとなる新型 NSX は、時代背景もあり、ハイブリッド・スポーツとして復活しました。

mazda-cosmo-sports
コスモスポーツ プロトタイプ
1966 年製 L10A 量産試作機
発売前年の 1966 年に、北海道から九州までのマツダディーラーに 47 台の試作機を配車して大規模な社外委託実験が行われました。
現車は兵庫県のディーラーに配車され、六甲や名新道で実走テストを行った試作車だそうです。

audi-quattro-s1-works
アウディ スポーツクワトロ S1 ワークスラリーカー
フルタイム 4WD システムの草分け的存在であるクワトロ。今回の展示のためにドイツ本国から持ってきたそうです。

audi-rs5-coupe
アウディ RS5 クーペ
ジャパンプレミアである最新版のクワトロ。
運転席に座りましたが、これは後部座席がある R8 だと直感的に感じました。

ヘリテージカー

いろいろと面白い車もありました。

autech-zagato-stelvio
オーテック ザガート ステルビオ
1986 年。バブル絶頂期にオーテックとザガートが共同開発して誕生した「ステルビオ」。当時の価格は 1870 万円で、生産台数は 200 台で、日本には 100 台しかないそうです。

autech-zagato-stelvio
サイドミラーはボンネットに格納されている尖ったデザインです。
あまりにも未来を先取りしすぎていますね…。

ginetta-g40r
ジネッタ G40R
ブリティッシュライトウェイトスポーツです。

austin-healey-sprite
オースチン ヒーレー スプライト
こちらも英国のライトウェイトスポーツ。日本では「カニ目」というニックネームで愛されたそうです。

総評

昨年は初開催ということで、色々と試行錯誤している感じがありましたが、今年はメーカーブースも一気に増え、来場者数も増えた印象を受けました。

個人的に良かったと感じたのは、今年も客寄せ用のおねーちゃんがいなかったことです(笑)。
すでに来年の日程も決まっているようですが、健全な?車イベントとしてこれからも発展してほしいところです。

しかし、こういうクラシックカーを所有するというのは車好きの中でも最も「贅沢な趣味」だというのを再確認しました。

オートモビルカウンシル2016へ行ってきた

ポルシェ 904

オートモビルカウンシル(AUTOMOBILE COUNCIL) 2016 とは、日本の自動車文化、ヘリテージ(heritage:未来に残すための遺産)の魅力を世界に向けて発信するというコンセプトのもとに開催されました。

プリンス R380

日本ではクラシックカー愛好家の方々が特定の車種限定で定期的に開催しているイベントがありますが、それをもう少し枠を広げて開催しましょうという感じです。

L20

ホンダ・スポーツ 360

イベントにはきわどい衣装のギャルは一切なし。車好き以外には面白さがわからないであろう硬派なイベントでした。
久しぶりに漢らしいイベントが開催されましたねw

アバルト 124 スパイダー

オートモビルカウンシルの特徴としては、旧車だけではなく、最新のクルマも展示してあるところです。

マクラーレン F1

希少車もいくつか展示してありました。出店するメーカーについては色々とバラつきがありましたが、この規模のイベントにもしっかりと協力してくれるメーカーは好印象ですね。

カローラ・レビン

トヨタはカローラの 50 周年を記念した展示でしたが、こういう展示だと昔乗っていたという方も懐かしそうに見ている姿もあり、感慨深いものがありました。

マツダ・コスモスポーツ

マツダはかなり力を入れているようで、過去に販売した印象的な車から、現代、未来に続くものまでを集めていました。

マツダ・ロードスター RF

マツダ・RX-Vision

このイベントは、実際にレストアされた車を購入することもできますが、貴重車のレストアということもあり、2,000 万円クラスのプライスが付けられている車も多かったです。一応「売約済み」が付けられている車もありましたが、なかなかそういうものを理解できる人というのは少ないのではないかと個人的には思います。

自動車の魅力を考えた時、

自動車とは、いつでも旅をすることができる翼であり、それは一人の時もあるでしょうが、愛する人たちがそこにいる場合もあります。
その非常にプライベートな空間で、すべてのドライバーは時を重ねていきます。

その積み重ねられた時間は、人生そのものであり、そうやって静かにそこにいる存在の一つが、自動車ではないかな、と私は思っています。

移動手段として考えるだけの人たちは、コスパ、で物事を考え、自動車はさっさと自動運転になってほしいと考えているはずです。
しかし、自分の手で、その場所へ行く。移動中に見たふとした景色、空の色、夕日のまぶしさ、人生を愉しむ要素がそこにはたくさんあります。

旧車をレストアする。
そういった 「無駄」 のようなことがわかる人たちだけが、このイベントを楽しめるし、人生の愉しさをひとつ持っているのではないでしょうか。

東京オートサロン 2015

TOKYO AUTO SALON 2015

年始の恒例行事である東京オートサロンへ。
近年、このイベントは活況に見えるのだが今年もやはり大混雑。
客層として一番多いのは、やはり車に興味が無い変態カメコであるのは昔から変化がないがw 昔から来ていた車好きが子供を連れて来ている姿や、外国人(今年はアジア圏以外の方も多かった)がよく目についた。

展示車両も以前と比べると大きく変化している。
昔はボンネットを開けてエンジンを見せびらかすパターンが多かったが、ここ 5 年ほどは、外装のカスタムが主流である。
エアロパーツをはじめ、さらに進んでレプリカが多いのには驚いた。
ビッグタービンで 1000 馬力! ゼロヨン xx 秒、とか、そういうのはもはや絶滅した恐竜と化している。

メーカーブースは、いまの販売台数(勢い)がそのまま出ていて興味深かった。ちょっと元気がないメーカーは、やはり展示も元気がない。
某メルセデスは、「メルセデスが月々○○円から乗れます!」とデカデカと壁に書いてあり、さすがは外国のメーカーだなと思った(笑)。
今回のオートサロンに行ってふと思ったのは、やはり市場の二極化は確実に進んでいること。<br />
国内の自動車の販売については、すでに軽自動車が 4 割だが、対照的に 1000 万円以上の高級車もよく売れているという。
それを反映してか、展示されているスポーツカーも、1000 万近い(もしくはそれ以上の)高級車(NISSAN GT-R や LEXUS RC F)か、比較的安い車(TOYOTA 86)がほとんど。レプリカのベース車両としては、10 年以上前の古い車を使用する、という印象を受けた。

近年、国内メーカーも富裕層向けの 1000 万円超の車両ラインナップを拡充し始めている。つい最近発表された次期 NSX も、最低価格は 1800 万円以上になるとアナウンスされていた。
もともとそれほど高額な車をさらにカスタムする層というのはそれほど多くないだろうし、電気自動車や水素自動車では中身をいじるということは考えられない。
カスタムする余地がなくなった車ばかりが走る時代になり、外装のカスタムにも飽きられたころ。はたして、このイベントはどうなっているのだろうか。興味深いテーマではある。
内装しかいじれないから、インテリアメーカーの展示会になってたりして。
それでも変態カメコは押し寄せるから、イベントとしては安泰かw

SUPER GT 2015 R2

2015 SUPER GT Round 2, Fuji Speedway

今回の SUPER GT は、東京から出発。GW の渋滞をナメていたわけではないが、新宿から富士スピードウェイまでなんと 6 時間もかかってしまった…。このイベント自体は 15 年以上前から来ているが、近場に前泊しないと楽しめないイベントだということを痛感した。

レーズ自体は、今年からレギュレーションが変更されたそうだが、事前知識がないとマシン規定の変更などでは違いがわからなかった。

ここ数年スポーツカー人気が少しずつ盛り返してきたりするので人出も多かった。今年初めのオートサロンでも感じたとおり、やはりファミリー層が増えている。

東京モーターショー2013

FT-86 open

TOYOTA FT-86 Open concept

東京モーターショー2013

東京モーターショーに行ってきた。
予想していたよりも人が多くて、やはり幕張よりアクセスが良いということが集客に効いているのだなぁと感じました。
ただ、この入場者数と展示のわりには会場が狭いのではないかと思いますが…。

ポルシェ・マカン

ポルシェ ブースでは、”マカン” がジャパン・プレミア。
遠目からみたのでなんとも言えないですが、小型とはいえ、日本の道路事情を考えると持て余しそうなサイズかな、という印象です。個人的には SUV には興味がないですが、こういうのが好きな人には売れる感じはしますね。

東京モーターショー2013

ポロ WRC

フォルクスワーゲン ブースの ポロ WRC。ポロはサイズ的には小型なはずですが、これだけワイドトレッド化されているとなんだかよくわからないですねw

VW

VW

近年のモーターショーでは、各ブースごとにそれぞれ「魅せる」ことにこだわりを見せていますが、今回のモーターショーでもそれは同じで、ただクルマを展示して終わり、という感じではなかったですね。

Golf R

ゴルフ R。2000cc のエンジンをターボで武装して 300ps。それを 4WD で路面に伝える。

日本車でもどっかできいたことがあるようなスペックですが、最近はこの分野でも外車の独壇場です。

ジャガー F-TYPE クーペ

JAGUAR, F-TYPE Coupe
ジャガー F-TYPE クーペは、美しいスタイルを持つクーペ。このあたりのスタイリングはさすがですね。

Audi R8

アウディ ブースでは、とりあえずアイアンマンの愛車を愛でる。

ボルボ

VOLVO Concept coupe
ボルボも最近はだいぶイメージが変わってきた気がします。
最近はどのメーカーも昔からのイメージから脱却しようとしているのかなと思いました。

Kawasaki J

Kawasaki J

某両津氏は「マフラーはモリワキ製。カワサキくささがプンプンしますぜ!」と、は言っていましたが、これは二輪ではなく、実は三輪です。

マツダ

ノッてるマツダはスカイアクティブばかりだったが、活気はあった。

Nissan IDx Freeflow

Nissan IDx Freeflow

70 年代風の IDx Freeflow。個性的ではありますね。こういうのが本当に市販化されてきたら、日本のスポーツカー市場はまた盛りあがってくるのではないかと思いますが。

IDx NISMO concept

Nissan IDx NISMO concept
こちらは NISMO コンセプト。最近の若者には逆に新しいかもしれないですね。

東京モーターショー2013

東京モーターショー2013

 

ダイハツ

ダイハツブースはだいぶトバしていましたよ。バク転しまくりのパフォーマーが登場して、どこのジャニーズかと思いましたねw

ダイハツ Kopen

ボディパネルを着せ替えできる Kopen。

ダイハツ Kopen

外の駐車場に停めておいてこの状態になっていたらすごく嫌ですね。
あと、この状態で走行して道路交通法としてはどうなのかが気になります。

ダイハツ Kopen

女性でも簡単に脱着できますよっていうデモンストレーションでした。

東京モーターショー2013

トヨタ・ドラえもん

トヨタブース

トヨタブースは、一番混んでいました。

BMW

 

BMW i8

LEXUS

LEXUS RC
レクサスはトヨタとは別になっていました。ただ、「トヨタ」のブースよりは人は少なめでした。

FUSO Canna

仕事用に使うとしたら、このピンクを維持するのは大変そうですね…。

メルセデス

Mercedes-Benz Concept S-Class Coupe

Ken Okuyama

YANMAR Y-CONCEPT YT01
Ken Okuyama デザインのトラクター。

「何人たりとも俺の前は走らせねぇ!」が口癖の某主人公も、このマシンだったら田んぼに突っ込まなかったかもしれませんねw

kode7 Clubman

せめてフロントウィンドウがほしいところですね。

東京モーターショー2013

KEN OKUYAMA DESIGN kode9
こういうシンプルなスポーツカーも続いていってほしいところ。

NSX Concept 2013

Honda NSX Concept 2013
以前、青山に展示してあった NSX コンセプト のモックと比べると、雰囲気が違っているような印象です。より市販車に近づいた姿なのかもしれません。そして、LFA や GT-R より「スーパーカー」っぽいデザインだと感じました。
けっこういいですね。

S660

Honda S660 Concept

それでも、ホンダ ブースで一番人が殺到していたのはこちら。

三菱

今回のモーターショーですが、入場時の印象通り、入場者数は前回を上回ったそうです。
そういう意味ではとりあえず成功だったと見る動きが多いようですね。

一方、個人的に感じたのは、国産車メーカーは大丈夫だろうかという杞憂です。

日本車も一見すると華やかに見えたが、エコ・環境・燃費の三点セットしか言っていません。
欧州車と比較すると、もう根本的に何かが違っていますね。

環境に配慮することは大切です。
でも、モーターショーは技術(燃費)の品評会ではなく、自動車の楽しさを伝える場になっていってほしいな、と思います。

奇しくも、今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは 「ゴルフ」 だったことが、それを示しているのかもしれません。

本音では、国産メーカーに、もっとがんばってほしいのですけどね。